クリニック開業時の自己資金はどれくらい必要?

クリニックの開業についてまとめたメディカルインフォメーションサイト

クリニック開業時に必要となる自己資金の見込み

クリニックの開業に最低限必要な自己資金

病院に比べ基本的に規模で劣るのに加え、条件も軽いクリニックの開業において、開業に必要となる資金は病院よりも低くなりますし、病院よりも規模を抑制可能な余地がある分、必要となる総資金も抑制できることから、クリニックの開業に必要な資金が少なくなる以上、最低限必要となる自己資金の金額も相対的に少なくなると考えるべきです。

一般にクリニック開業の自己資金の目安は最低1000万円とされ、他業種の起業における自己資金としては破格であるものの、クリニックや病院の開業における必要資金としては、高度な脳神経外科や診療科目を完全に絞った不妊治療専門外来のように、専門性が高い診療科目や保険適用外治療を提供する際、自己資金が1000万円では不安が残りますし、他の診療科目を扱う場合にも、他のクリニックや病院との差別化による集客を図る際の設備投資費としても不安が残る金額かも知れません。

開業後を見据えた自己資金確保のススメ

親類縁者からの相続が可能なクリニックや病院を持たない医師にとって開業は、間違いなく目標の一つでしょうが、開業したからといっても必ずしも患者が訪れるわけではなく、患者が訪れないクリニックや病院は資金不足に見舞われることになるため、倒産や廃業を余儀なくされるでしょう。

つまるところ、医師にとって開業は目標の一つであっても通過点に過ぎず、ゴールを意味しないため、開業後を見据えた開業の準備が必須となり、現在の医療状況を鑑みるに、特色を出しにくい一般内科よりも、細分化された診療科目で独自色を出した方が集客を見込めるため、クリニックの開業資金として最低限の1000万円の自己資金では物足りず、診療科目に必要な設備投資を行うためにも、2000万円から3000万円の自己資金を確保するべきです。



TOP