クリニック開業時の自己資金はどれくらい必要?

クリニックの開業についてまとめたメディカルインフォメーションサイト

診療科目による開業時の自己資金の増減

開業に際し一考すべき診療科目の細分化

少子高齢化が著しい現在の日本において、医師の需要が全国各地にあることは間違いありませんが、既に十分なクリニックと病院がある地域においては、患者の奪い合いになりますし、逆に過疎化が進み過ぎた地域においては患者を独占できても、患者の総数が足りず、利益を上げられないということも十分にあり得ます。

かといって、既にクリニックと病院が十分にある地域で患者の争奪戦を行う事が好ましいかと言えば、間違いなく否定されるため、既存のクリニックや病院と対立しない方法としては、診療科目の細分化によって専門性を高めることがベターであり、開業を予定する地域で手薄な診療科目を扱うクリニックを開業することで、無理なく集客が見込めるのなら、診療科目の細分化に一考の余地はあるのではないでしょうか。

診療科目による最低自己資金の増減

クリニックや病院の診療科目は、開業する側が設定できるため、一般内科のように広く内科全般を扱う診療科目を設定する場合もあれば、消化器内科・呼吸器内科・循環器内科といったように専門分野に特化した診療科目を設定することもあるなど、クリニックや病院によって様々であり、特に制限があるわけではありません。

ただし、診療科目の専門性を高めるのであれば、相応の設備投資が必要となり、特に、既存の病院やクリニックが手薄な診療科目を専門とするクリニックを開業する場合、設備で劣っていては集客を望めないことから、設備投資が必要となるため必要な資金の総額と自己資金は自ずと増えることになりますが、収入と社会的信用が共に高い医師は、金融機関からの融資額も相応に望めるため、自己資金が無くても融資だけで開業できるなど、自己資金の多寡にも裁量が効きます。



TOP